自宅にあるもので簡単!お金をかけずにできるセルフネイルのデザイン

自宅にあるもので簡単!お金をかけずにできるセルフネイルのデザイン

おしゃれな方など、自分でセルフネイルをする方が増えています。自宅で自分でセルフネイルをすることでお金をかけずにすみます。

 

基本を押さえておくことで、綺麗にセルフネイルができるようになります。セルフネイルを行う上での基本ポイントやデザインをご紹介していきます。

 

自宅でできる甘皮処理

 

ネイルを始める前に一番重要なのは、まず甘皮処理です。甘皮とは、爪の生え際にある薄い皮のことを言います。ネイルサロンに行っても同じく甘皮処理から始まります。甘皮処理と聞くと難しそうなイメージがありますが、意外と簡単な作業です。

 

用意するものは、たった2つです。綿棒と保湿剤です。お風呂に入りよく温まったところで作業開始です。綿棒で甘皮を優しく、くるくると押し上げて行きます。全部の指ができたら最後は保湿です。

 

ハンドクリームで保湿していきます。自宅にワセリンがあれば、こちらが一番オススメです。赤ちゃんにも使える肌に優しいもので、すごく高い保湿力があります。これで甘皮処理の作業は終了です。

 

甘皮処理の頻度は、2週間に1回程度が理想です。あまりに頻繁にやりすぎても雑菌が入ったり細菌感染してしまったり、何らかのトラブルの原因になりますので注意しましょう。

 

ネイルの正しい塗り方

 

まずは利き手の方から塗りましょう。何をするにも利き手じゃないと不便ですよね。初めはかなりの集中力があると思うので、やりにくい利き手の方を最初に塗ることがまず一つのポイントです。

 

塗り方のコツとしては、真ん中にひと塗り、そして端っこにひと塗り最後に塗れていないところを塗って完成です。乾いてからもう1回、同じ動作をするとより綺麗に仕上がります。

 

初めのうちは慣れていないので、その場合は爪の根元から数ミリあけると良いです。徐々に根元の幅を狭めていきましょう。

 

マスキングテープを使う

 

単色ネイルも可愛いですが、飽きてきたら少しアレンジをしてみましょう。王道のフレンチネイルは難しいと思っている人もいますが、マスキングテープを使えば実は簡単にできてしまいます。100円均一で買うことができるので、値段もお手頃です。

 

フレンチにしたい爪の部分をあけて、自分に合ったサイズにマスキングテープを切っていきます。切ったマスキングテープを爪に貼ります。ここで粘着力が心配であれば、手にペタペタ貼ったり付けたりして粘着力を落としましょう。

 

爪に貼ったらネイルしていきます。少し雑に塗ってもマスキングテープがあるから大丈夫です。完全に乾いたらテープを剥がし、あっという間に完成です。

 

早くテープを剥がしすぎて少し伸びてしまった、そんな時には、ラメが入っているネイルをフレンチ部分に塗って隠す方法もあります。

 

更には、ボーダーネイルもできてしまいます。ボーダーにしたい細さを決めてマスキングテープを切って爪に貼り、その上から色を塗っていきます。乾いたらマスキングテープを剥がして完成です。

 

2色ネイルや、斜めフレンチネイル、逆フレンチネイルも同じようにマスキングテープを切って貼るだけなので、その時の自分の気分に合ったネイルデザインができます。100円均一に売っているデコパーツをつけたりしても更に可愛く仕上がりますね。

 

学生さんや仕事先で普段ネイルができない、休みの日ぐらいはおしゃれしたい!でもネイルだと時間もかかるし落とすのも面倒、そんな方にもマスキングテープがオススメです。

 

今では、色々な柄のマスキングテープが売っています。自分の好きな柄を見つけてテープを爪のサイズに切って貼る、たったこれだけです。これなら誰でも簡単にできます。

 

マスキングテープは、セルフネイルをする人にとって必需品と言ってもいいくらいの便利なものです。簡単に手に入れることができるので一つ持っていても損は無いですね。

 

先の細いものでできるドット柄

 

自宅に必ずあるのが爪楊枝、綿棒です。これらを使えば簡単にドット柄ができてしまいます。先端部分に自分のやりたいネイルの色をつけます。それを爪に軽くのせるだけでドット柄の出来上がりです。

 

自宅にある色々な先の細いものを使って自分のやりたい大きさのドット柄が作れます。大きいドット柄と小さいドット柄を組み合わせたりしても可愛いです。更に少し慣れてきたら先ほどのフレンチネイルと組み合わせたりしてみても良いですね。

 

 

 

実は簡単!マーブルネイルにも挑戦

 

難しそうにみえますが、先ほども使った爪楊枝で簡単にできてしまいます。まずベースになる色を塗っていきます。完全に乾いたら、マーブルにしたい2色の色を少し多めにつけて爪に落としていきます。

 

ここで爪楊枝でS時を描くようなイメージで、2色の色を混ぜていきます。ここは、時間との勝負になります。少しでも乾いてしまうと失敗してしまうので注意が必要です。慣れてきたら、混ぜる色を1色追加してみたりとアレンジを加えてみましょう。

 

まとめ

 

ここで紹介したネイルは、どれも簡単にできるものです。自宅にあるものや100円均一に売っているものでできたりとお金をかけずにセルフネイルをする方が増えてきています。

 

ネイルは、デザインが無限にあります。ネイルで自分の個性をアピールしてみてはいかがでしょうか。

 


このページの先頭へ戻る